Please tell me FIRE BALL will never go away

6月中旬に分散登園が始まって
息子の幼稚園では
もう、7月31日の今日は終業式です。
同じクラスの子とは、今日で一旦さよならして
また9月1日からの2学期に…会おうね。
 
先日、8月生まれのお誕生日会を開催してくれたようで、息子もご機嫌。
夏休み生まれの子はちょっとさみしい思いをするもんね。
 
私も8月生まれです。
お盆明けの誕生日ですが、
ありがたいことに、友達が家に来てくれてお祝いしてくれたので、幸運なことに…誕生日に寂しい思いをしたことがありません。
高校時代は毎年お盆明け直後から模試や夏期講習があったし…
大学以降はボーイフレンドがいたし…
 
 
山根さんの楽曲に再会しライブに再び行きだした昨年から、
「FIRE BALL は私にとって、素敵な誕生日プレゼントだなぁ」と思っていました。
FIRE BALL 2019の公演が終わった直後から、「来年のFIRE BALL が楽しみ!!」
と思ったほどです。
 
今年は、息子の5歳をお祝いした後に816神戸アリーナ2006のDVDを観て過ごします。まだ開封していません。
 
 
来年…どうなるのだろうか。
 
 
camp-fireに毎日上がってくる、他の支援者さんたちのコメント…
読んでいて、とても共感します。
 
 
本日も楽しんだ、
STARTING OVER Y2 MEETS ROCK
山根康広 STARTING OVER★Y2 MEETS ROCK

天然の山根さんには昔からたまにクスッと笑わせてもらうんですが…
今日も「ブルートゥールス」にはククッとなりました(笑)

ちょっと前に「私の聞き間違いかな?」と思ったんですが…かわいいマジボケだったんですね(*´Д`)
英語の発音良いのに…(;´∀`)

 
 
そして洋楽のカヴァーのことを聴くことができました。
そう…印象が違ってくるんですよね…
 
洋楽って、昔ちょっとハードルがありました。
昔はCDをレンタルしに行かなきゃいけなかったし
英語が分からず、歌詞と日本語訳を比べて
「ふーん(よく分からん…)」で終わっていました。
意味の分からない単語がメロディにのっていても、和訳にある意味が心に入ってこないんですよね。
 
雑誌のインタビューなどで山根さんがレコメンドしていたCDを、学生時代CDショップで借りたりしていたけど、心に残る物はありませんでした。
 
ただ、アーティスト名と曲名と曲の雰囲気はなんとなく覚えているので、
主人との話の途中で「それって〇〇の□□□っていう曲?」と言うと「なんで知っとるんや?」と不思議がられることがありました。
 
今はyoutubeで手軽に聴くことができるので便利ですね。
 
 
 
復刻版DVDと一緒に届いたCDには、山根さんが洋楽のカヴァーをされたものが4曲入っていました。
Christmas Time – Bryan Adams
HAPPY XMAS – John Lennon
Hotel California- The Eagles
We Are The World – USA for Africa
 
特にWe Are The World のカヴァーは気に入って、よくリピートでかけていました。
 
この歳まで知らなかったのですが、
この曲はアメリカのスーパースターが集結したチャリティーソング。
希望を失ってはいけないという祈りの内容の歌詞に心を惹かれました。
 
 
発覚から眼科での検査の日までが長く、不安がつのってしまい
娘の寝顔を見ながらイヤホンを耳に入れベッドで横になったまま、この曲の力強い山根さんの声を聴いて涙を流す夜も多くありました。
毎日毎日、車の中でこの曲を聴いていました。
専門医のいる眼科へ行く30分のドライブも、そのための運転教習中も、この曲から聴き始めました。
 
この月曜にあった検査。
いくつかの懸念事項があるものの、手術は急を要するものではないとのことで、胸をなでおろしました。
とりあえず弱視治療メガネからはじめましょうということで、2歳でメガネデビュー。
頑張ろう。メガネをかけて目指せ視力1.0。
嬢ちゃん、きっとよくなるよ。
そのほかのことも…神様は、見てくれてるはず。
 
 
 
ジョン・レノンのHAPPY XMAS
ブライアン・アダムスのChristmas Time
どちらもクリスマスの曲なので、祈りの想いが詰まっています。
 
※昨年末のクリスマスライブでカヴァーしてくださったのは、「Have Yourself A Merry Little Christmas」と「white christmas」だそうです。
 
 
未来はよくなりますように…
そんな思いで、真夏なのにクリスマスソングを聴いています。
 
Bryan Adams(ブライアン・アダムス)
カナダ人なんですね。雪が似合う…。
昔1か月ほどカナダに滞在したことがありましたが、夏なのに本当に寒かったです。
入国は9月1日でしたがそのとき入国審査官に「Summer is over!(夏は終わったぞ!)」と言われてしまいました。
Christmas Time
 
There’s something about Christmas Time
Something about Christmas Time
That makes you wish it was Christmas every day
クリスマスには何かがある
なにか素敵なこと
毎日がクリスマスだったらなって思うほど
 
To see the joy in the children’s eyes
The way that the old folks smile
Says that Christmas will never go away
子供たちの目のワクワクを見るために
おじいちゃんおばあちゃんの笑顔は
クリスマスをずっと大切にしていこうって語ってる
 
We’re all as one tonight
Makes no difference if you’re black or white
‘Cause we can sing together in harmony
今夜 みんながひとつになるんだよ
黒人も白人も関係ないよ
だって僕たちはこうやってハーモニーで歌えるじゃない
 
I know it’s not too late
The world would be a better place
If we can keep the spirit more than one day in the year
Send a message loud and clear
遅すぎることないよ
世界はもっと良くなるはず
1年に1回だけじゃなく強い思いを持てるなら
想いを高らかに伝えよう
 
Please tell me Christmas will never go away
お願い クリスマスは決してどこにも行かないって言って
 
 
 
 
良い曲ですね。
原曲のハスキーなBryan Adamsの声も良いですが
大好きな…山根さんの声だから、より一層心に染みこんでいます。
 
真夏だというのにクリスマスソングを車でかけて、祈りの想いをつのらせています。
 
「お願い クリスマスは決してどこにも行かないって言って」かぁ…
欧米人にとって、クリスマスは何よりも大切な、年に一度の大事な日なんだよね。
 
私にとっても、FIRE BALL は山根さんのライブを象徴する、年に一度の大事なライブ。2005年ごろにファンを離れた私にとって14年ぶりに参加したライブがFIRE BALL 2019で、心から感動しました。
 
1995年に初めて参加したライブBorn in 66と同じくらい、I was movedでした。
 
 
 
 
この先どうなるの?
MOTHERからのメールに一喜一憂してしまう。
 
 
 
山根さんは1993年から、私の学生時代をずっと支えてくれたミュージシャンです。
あんなに、「夢は叶う」と信じて疑わずに頑張れたのは、山根さんの前向きな楽曲を聴いていたからだと今断言できます。
 
山根さんの楽曲に再会してからは、今の自分もまた、支えてもらっています。
子育てと仕事に追われた中で、気持ちに潤いが戻ってきた感じで…
 
その存在は今…学生時代と同じくらいに今とても大きくなっていて…
 
単なる、「昔好きだったアーティスト」ではなくなってしまったのです。
これまで…たまに…ラジオから紹介され聴くことができた、「昔大好きだった山根さんに再会できて嬉しいです」というメッセージ。
 
あっ私と同じ出戻りの方だ…
きっと…自分と似たような思いを感じているかもしれない…と思うこともありました。

私はしばらく離れていた出戻りなんですが…
応援したい気持ちは、古くからファンを続けていた方々と今…、変わりません。
 

 
だって…再会できたときに、私…とてもとても…嬉しかったんです。
お変わりないんだ…

今も素敵な曲を書いてはるんだ…

それが分かると、また会いたい、と強く感じるようになりました。

 
   
 
 
Please tell me Christmas will never go away
お願い クリスマスは決してどこにも行かないって言って
真夏だというのに、毎日このChristmas Timeのカヴァーを車の中で聴いて
ポツリポツリと…
私は山根さんへの想いを
自分の祈りをChristmas Timeにのせて歌っていました
 
 
There’s something about Y2 song
Something about Y2 song
That makes me wish it was tranquil every day
山根さんの歌には何かある
特別なもの
毎日が平穏であればと願いたくなる
 
You see the dream in the young folk’s eyes
The way that the old fan’s smile
Prays that FIRE BALL will never go away
若者の瞳に輝く夢が見えるでしょう
古くからのファンの笑顔も
FIRE BALLが絶対に離れてしまわないように願ってる
 
We’ll be all as one that night
Makes no difference if you’re new or boomerang
‘Cause we can sing together dramatically
その日 みんながひとつになるんだ
新規ファンも出戻りファンも関係ないよ
だってみんなで歌えば感動のドラマになる
 
I know it’s not definite
The world is getting a worse place
But if I can assure the spirit that I love Y2 song
Send a message loud and clear
開催可能かはまだ不確定
世界の状況はどんどん悪くなる
でも山根さんへの想いを確信してるなら
大好きですと高らかに伝えよう
 
Please tell me FIRE BALL will never go away
お願い FIRE BALLが絶対になくなりませんように